地域の方のためのパソコン全般の便利屋さん

写真のレタッチ&プリント

  • HOME »
  • 写真のレタッチ&プリント

全てのデジタルカメラの撮影データに当てはまる訳ではありませんが、写真というのは条件設定が適切でないときれいに印刷できないようになっています。

・カメラの設定

カメラには、AFとAEがありますがその他にホワイトバランスというものもあります。

AFは、ピントを自動的に合わせる機能

AEは、露出を自動で行なう機能

ですが、それぞれ役割が全く違います。一眼デジタルとコンデジではこの扱い方が違います。

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)はAF/AEがセットで動くのが多いですが、一眼デジではそれぞれが独立して動くのが殆どです。

例えば、逆光で撮影する時に、まともにシャッターを切れば太陽にフォーカスを合わせてしまうので、太陽以外が真っ黒になりますね。

しかし、例え逆光でもしっかり写し込みたい被写体にカメラを合わせて、そこでシャッターを半押し(コンデジの場合)してそのままでカメラを動かして希望の構図でシャッターを押し切ってください。

太陽は真っ白になりますが、希望の被写体はきれいに写ります。それがAEの持つ役割です。

ホワイトバランスは、被写体に当たる光の種類に応じて変わる色味を調整して、白いものを白に近い色に仕上げる機能です。

AF/AEはあとで調整ということはできませんが、ホワイトバランスは調整が効きます。

しかし、そのノウハウを知っているプロ(ビジネスカメラマン)はきれいに印刷しますが、何も知らない一般カメラマンはそのまま印刷して、「どうしてかなー?」 という仕上がりになってゲンナリしてる人も少なくありません。

格安印刷サービスを提供しているところを使って印刷した場合、調整してくれませんからやはりきれいに仕上がってきません。

きれいに印刷するには、それなりの一手間が発生します。

・撮影後の写真のレベル補正

この話を始めるとフォトショップの専門的なことを・・・と思われて敬遠する人も多いですが、フォトショップでなくともレベル補正などは無料のアプリケーションでも簡単にできます。XnView というアプリがありますが、これがかなり優秀で無料とは思えないレベルのアプリです。

このアプリを開くと、

画像 ⇒ 修正 ⇒ レベル

と辿ってもらって調整をします。

写真が暗いから調整する時に「明るさ」を使って調整する人がかなりいますが、あれでやってはいけません。必要な時もありますが、レベル補正で調整するのが正解です。

・適切な印刷設定

印刷する時は「用紙種類の設定」がありますが、これがかなり重要です。プリンターによって多少の設定違いはありますが、概ねこれを間違えている人が多い。

写真をきれいに印刷するなら、それ専用の用紙を買ってセットしてから、「写真用紙」を印刷で設定してから印刷かけてください・

たったこれだけで、全く違うものになります。その前に多少のレタッチは必要ですが、・・・

分かってしまえば、それほど大した内容ではありませんが知らない人が大半なので我々みたいな人種が飯の種としてさせていただいている訳ですね。

カメラの設定

フィルム時代とデジタル時代では気の使い方がかなり違います。
「今も昔も変わらん!!」 とお叱りの方もいるかもしれませんが、失敗が小さいものはパソコンでカバーできる時代です。

そう言っても、極端にひどい失敗はカバーできません、当たり前ですが。

基本は、光の捉え方です。

逆光も順光も側光も全部同じ設定でやる人がいますが、あれではきれいに撮れるハズがありません。

また、順光だからきれいに撮れるとは限りません。その逆も同じです。

一番いいのは、レフ板を使うのがベターですが、いつもいつもレフ板を使って撮影だなんて無理な芸当でしょう。

問題となるのは影のでき方にありますが、こういうのは通常人の顔の写真撮影時に気にするもの。

通常は順光でいいのですが、人の顔を取るなら一律に影ができる方がよっぽどマシな印刷にできます。
印刷、です。撮影結果の話ではありません。

撮影後の写真のレベル補正

これは「XnView」というフリーのアプリケーションでの操作画面です。

写真二つが並んで、その下にグラフみたいな図があり、その更に下に黒三角(▲)と白三角(△)のマークがありますが、

黒三角も時としていじりますが、中心は白三角で調整します。

暗いと人はつい、「明るさ調整」をしますが、あれではきれいな印刷ができません。

時として必要な調整ですが、そんなしょっちゅういじるものとは違います。

適切な印刷設定

写真画像の適正なレタッチさえできれば、あとは用紙設定さえ間違えなければ最近のプリンターは優秀なのできれいに印刷できます。

写真は光沢用紙が見た目が明白にきれいに見えます。マット紙でも上質紙でもいいですが、やはり写真特有の色味を見せる光沢がいいのではないでしょうか。

 

以上、初歩的な内容でしたが、これを知っているだけでも印刷がきれいになりますので、是非やってみてください。

写真の印刷注文受付

A4用紙以上に拡大印刷をご希望の方は以下からjpegファイルを添付して画像を送信してください。

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © アイフォテック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.