仕事の対価の受け取り方法は一つではない

現金払いから仮想通貨払いへ

これまでの常識では現金払いか銀行振り込みのいずれかが定番でした。しかし、今はネット社会に入って仕事の請け方に変化が出ました。
ネットを通せば、個人でもクレジットカードで支払うことができます。最近では「仮想通貨」で支払うことも可能な時代に入りました。

銀行が必要なくなる

仮想通貨のウォレットを使って支払えば、銀行というものが必要なくなります。その危機感をすでに銀行は察知していて、その対策をすでに打ち始めています。
リップル(XRP)などがいい例ですね。詳しくは他サイトを検索してください。沢山ヒットします。

この仮想通貨専用のウォレットを通じて直接送り込むことができます。取引所のウォレットからも送れますし、マイイーサウォレットといったところからも送れます。
企業が「支払い」ということで送るのならば、その証拠が必要となるので、手元資料として

・氏 名、他一般的な情報
・ウォレットアドレス
・トランザクション(送金のつど変化)

などが残る必要がありますね。

どの通貨で仕事の対価を支払うのか

仮想通貨は都度変化します。そこが難しいところですが、輸出入も似たようなもので、毎日の時間を決めて支払いを処理します。
相場ですからどうしても動きます。今持っている通貨をいつ・いくらで入手したのか。
それをベースに決める、というのも一つですね。これから先色々と出てくると思います。

個人が企業に支払う場合は?

企業が個人に対して支払う場合は、税務対策の問題があるので色々と準備と証明対策が必要です。それに対して個人が企業に対して支払う場合ですが、損益決算書を作る必要があるので、準備は当然ありますが、「毎月○○日に1通貨あたりの価格が決まります」とルール決めしておくのも一つではないでしょうか。
これも、これから法整備が出来上がると思います。
ただ、支払い方がそんな難しいモノでは普及しないので、「支払い方法をどうするか?」に視点が向かうでしょう。今はスマホに入れたウォレットで支払うが一般ですが、結構間違える人が多いようで、あの方法では普及は難しいと思っています。これは私の個人的な感想です。