ついこの間まで、仕事で使っているパソコンはウィンドウズ7でした。

「でした」と過去形になっているのは、

つい最近(1週間ほど前)無料で「10」に切り替えたからです。 

「10」のOSを買うと15,000円くらいはします。

パソコンを買うと10万円くらいはします。 できたら、2万円弱でWindows10が入った爆速状態のパソコンが欲しい!とかなり無茶な希望を持っていました。 

パソコンがないと仕事にならないので、どうしても何とかする必要がある。ということで、アレコレとやっていたら・・・


1万5千円で、Windows10PROのOSで、CPUは新品(CORE3)、メモリも新品(4GB)、でPCを手に入れました。 

しかし、手に入れたはいいが、HDDが超古いもので、思いっきりトロイ!こんなもので仕事ができるか!! と思い、そこから思案開始! 

HDDをSSDに変えようと思い、手元に余っているSSDがあったな、と思いそれをクローン化させようと思い、処理してみました。

しかし、できなかった。
理由は、
(1)丸ごとコピーとれる機器でクローン化させるには、元のHDDと同じ容量かそれ以上の容量が必要となる。
(2)それ以下の容量で処理するには、それ専用の高いアプリケーションが必要となる。  

「げっ! うそ!」

 しかし、そのまま放置している訳にはいかない。
仕事ができなくなる。
マズイ!(^_^; 

思案投げ首寸前まで行って、結果として 「できました」 
300GB超のOSの入ったHDD から 120GBのSSDに移し替え成功しました。
データは、別のHDDで保存しているので、本体SSDは小さいので十分。
1万5千円で最新のPCと変わらぬものを仕事につかえる。
と安心すると同時に、実は古いOSを無料で最新のOSにする方法も同時期に見つけてしまい、結果として、1万5千円のパソコンを買う必要がなかったことも発見。 

マイクロソフトのこちらの正規のページで処理ができます。
裏サイトとかではなくて、正規のサイトですから安心して取り組んでください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

こんなサイトがあった?!!
「えーっ! ウッソだろー!」 (笑) 
まぁ、手に入れたパソコンはノートPCなので、モバイル用に使うことにしました。 

窮すれば通ず!あきらめなければ、活路は開けることを実証した出来事でした。